2019年08月18日

日に焼けるまで〜田舎の従姉弟と姉と弟〜





著者:達磨さん転んだ/チンジャオ娘





yomubutton.png


「姉ちゃんって、こんな声でイクんだ…」姉が従弟の慰み者にされる隣で、弟は従姉の肉体に溺れて――夏休み、数年ぶりに親の田舎へ来た都会育ちの姉弟。そこで彼らが再会したのは、田舎で暮らす同年代の従姉弟たち。かつては日に焼けるまで遊び回っていた4人だけれど、いまや思春期を迎えた彼らの興味は別のことに移っていた。「ねぇ、もうエッチしたことあるん?」性に無知で無邪気な田舎育ちのふたりに流されて、それぞれ従姉弟と性行為の練習をすることになった姉と弟。初めはただの悪ふざけだったけれど、年頃の男女がそれだけで収まるはずはなく…姉は従弟に押し倒されて、弟の目の前で処女を奪われてしまう。美しい姉が汚される光景に異様な興奮を覚えた弟は、代わりに従姉の、その日に焼けた発育の良い身体を貪って…。ヤリたい盛りの少年少女が、田舎で「秘密の遊び」に耽る夏の物語。




posted by hamekari at 11:36| Comment(0) | BookLive
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: